【2019年最新版】UEFAカントリーランキング・クラブランキング一覧まとめ

UEFAランキングは、UEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場枠数の決定や、均衡のとれたグループ分けをするための重要なランキングです。

各大会では各国のリーグを代表するクラブが出場し優勝を目指しますが、こういった国際大会は各リーグが将来の出場枠を懸けた戦いでもあるのです。

FIFAランキングに関しては目にする事が多い一方、UEFAランキングはサッカーファンでも詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。

今回の記事ではUEFAランキングの算出方法や、最新のランキングを見ていきます。

UEFAランキングについて詳しくなれば、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグをまた違った視点で見ることができるでしょう。

UEFAランキングとは

UEFAランキングはUEFA(欧州サッカー協会)が主催するクラブの国際大会であるUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグの2大会における過去5シーズンの各国クラブの成績に基づいて算出されるランキングです。

同2大会において、各国の出場枠数を決めるUEFAカントリーランキングと、グループ分け抽選(ポット分け)において使用されるUEFAクラブランキングの2種類があります。

ポイントの算出方法

各ランキングに使用されるポイントの算出方法は以下の通りです。

ポイント数成績
0.25ptEL予選1回戦敗退
0.5ptCL予選1回戦敗退
EL予選2回戦敗退
1ptCL予選2回戦敗退
EL予選3回戦敗退
1.5ptEL予選プレーオフ敗退
4ptCLグループステージ参加
5ptCL決勝トーナメント進出
進出する毎に1ポイントCL・EL準々決勝、準決勝、決勝進出

CL・ELでの各試合の勝利を2ポイント、引き分けを1ポイントとして加算します。(PK戦は引き分け扱い)

ELグループステージで敗退したクラブの獲得ポイントが1ポイント以下だった場合、2ポイントとして扱います。

UEFAカントリーランキング

Embed from Getty Images

UEFAカントリーランキングは、各国からUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグといった国際大会に参加できるクラブの枠数を決定するために使用されます。

上記のポイント算出方法で2大会に参加した各国のクラブが1シーズンに獲得したポイントを合計。

それをクラブ数で割ったものが、各国の1シーズンの総獲得ポイントになります。

小数点以下第3位まで計算し、過去5シーズンのポイントの合計で最新のUEFAカントリーランキングを決定します。

UEFAカントリーランキング【2019年版】

順位CLEL
グループステージ予選プレーオフ予選
1-4421
5-62112
7-101112
11-1523
16-5113
52-5412
5511
順位国名ポイント
1スペイン103.569
2イングランド85.462
3イタリア74.725
4ドイツ71.927
5フランス58.498
6ロシア50.549
7ポルトガル48.232
8ベルギー39.900
9ウクライナ38.900
10トルコ35.800
11オランダ32.433
12オーストリア31.250
13チェコ28.675
14ギリシャ27.600
15クロアチア27.375
16デンマーク27.025
17スイス26.900
18キプロス24.925
19セルビア22.250
20スコットランド22.125
21ベラルーシ21.875
22スウェーデン20.900
23ノルウェー20.200
24ポーランド19.250
24カザフスタン19.250
26アゼルバイジャン19.000
27イスラエル18.625
28ブルガリア17.500
29ルーマニア15.950
30スロバキア15.625
31スロベニア15.000
32リヒテンシュタイン13.500
33ハンガリー10.500
34北マケドニア8.000
35モルドバ7.750
36アルバニア7.500
37アイルランド7.450
38フィンランド7.275
39アイスランド7.250
40ボスニア・ヘルツェゴビナ7.125
41リトアニア6.750
42ラトビア5.625
43ルクセンブルク5.500
44アルメニア5.250
45マルタ5.125
46エストニア5.000
47ジョージア4.750
48モンテネグロ4.125
48ウェールズ4.125
50ジブラルタル4.000
50フェロー諸島4.000
52北アイルランド3.875
53コソボ2.500
54アンドラ1.831
55サンマリノ666

UEFAクラブランキング

Embed from Getty Images

UEFAクラブランキングは、UEFA主催の大会のグループ分け抽選における「ポット」を決めるために使用されます。

前述の方法で算出したポイントに加え、各クラブが所属するリーグの同シーズンにおけるカントリーランキングポイントの20%を足したものが、当該クラブの1シーズンのクラブランキングポイントとなります。

UEFAクラブランキングは、過去5シーズンのポイントの合計で順位を決定します。

UEFAクラブランキング【2019年版】

順位クラブ国・地域ポイント
1レアル・マドリードスペイン146.000
2バルセロナスペイン138.000
3バイエルン・ミュンヘンドイツ128.000
4アトレティコ・マドリードスペイン127.000
5ユヴェントスイタリア124.000
6マンチェスター・シティイングランド106.000
7セビージャスペイン104.000
8PSGフランス103.000
9アーセナルイングランド101.000
10ポルトポルトガル93.000
11リヴァプールイングランド91.000
12チェルシーイングランド87.000
13ドルトムントドイツ85.000
14ローマイタリア81.000
15ナポリイタリア80.000
15シャフタール・ドネツクウクライナ80.000
17トッテナムイングランド78.000
17マンチェスター・ユナイテッドイングランド78.000
19ゼニトロシア72.000
20アヤックスオランダ70.500

まとめ

CL2季連続決勝進出のリヴァプールは、クラブランキングを34位→22位→11位と大きく伸ばし、プレミアリーグのBIG6はすべて20位以内に入る結果となりました。

カントリーランキングはスペインとイングランドの差が若干縮まったくらいで、大きな変動はありませんでした。

いずれにせよ、1~4位と5位フランスとの差は大きいため、今後もしばらくは欧州4大リーグの支配が続きそうですね。

昨季は国際大会で好調だったプレミア勢は今年も活躍できるのでしょうか?

今季のチャンピオンズリーグからも目が離せませんね。