プレミアリーグは4月30日まで全試合を延期しています

イングランド代表がW杯メンバーの23人を発表!全選手がプレミア所属!

Harry Kaneさん(@harrykane)がシェアした投稿


イングランドサッカー協会(FA)は2018年5月16日にFIFAワールドカップロシア大会のメンバー23人を発表しました。

今回のイングランド代表は23人すべてがプレミアリーグに所属する選手で構成されています。

このページではロシアワールドカップに臨むイングランド代表メンバー23人と、注目選手について見ていきます。

イングランド代表招集メンバー

GK

選手名所属
ジャック・バトランド ストーク・シティ
ジョーダン・ピックフォードエヴァートン
ニック・ポープバーンリー

DF

選手名所属
アシュリー・ヤングマンチェスター・ユナイテッド
フィル・ジョーンズマンチェスター・ユナイテッド
ガリー・ケーヒルチェルシー
ジョン・ストーンズマンチェスター・シティ
ファビアン・デルフマンチェスター・シティ
カイル・ウォーカーマンチェスター・シティ
ダニー・ローズトッテナム
アレクサンダー=アーノルドリヴァプール
ハリー・マグワイアレスター・シティ

MF

選手名所属
ジェシー・リンガードマンチェスター・ユナイテッド
エリック・ダイアートッテナム
デレ・アリトッテナム
ルベン・ロフタス=チーククリスタル・パレス
ジョーダン・ヘンダーソンリヴァプール

FW

選手名所属
マーカス・ラッシュフォードマンチェスター・ユナイテッド
ラヒーム・スターリングマンチェスター・シティ
ハリー・ケイントッテナム
ジェイミー・ヴァーディレスター・シティ
ダニー・ウェルベックアーセナル

予備メンバー

ポジション選手名所属
GKトム・ヒートンバーンリー
DFジェームズ・ターコウスキーバーンリー
MFルイス・クックボーンマス
MFジェイク・リバモアWBA
MFアダム・ララーナリヴァプール

サウスゲート監督はプレミアリーグでのパフォーマンス重視の選出!

Englandさん(@england)がシェアした投稿

イングランド代表のメンバーを見ると、これまで常連だったアーセナルMFジャック・ウィルシャーやウエストハムGKジョー・ハートが選外となっています。

BBCの「Gareth Southgate says selection not a gamble」でサウスゲート監督はメンバー選出について以下のように語っています。

(GKジョー・ハート選外の理由について)

彼は予選の大半の試合でプレーしたが、私が選んだ3人のGK(ジャック・バトランド, ジョーダン・ピックフォード,ニック・ポープ)は今季のプレミアリーグでベストなゴールキーパーだった。

(MFジャック・ウィルシャー選外の理由について)

彼はクリスマスの直後までは良かったが、シーズンの終わりにはそれほど効果的ではなかった。

サウスゲート監督はこれまでの代表への貢献やキャップ数ではなく、今シーズンのパフォーマンスを重視してメンバーを選出したことがわかりますね。

23選手の平均キャップ数は19試合となっており、これは1962年以降のイングランドでは最も経験が浅いチームとなりました。

また、メンバーの平均年齢で見ても歴代3番目の若さということで、この選出を「ギャンブル」と捉える人も多いようです。

いずれにせよ世代交代はしなければなりませんし、リーグでのパフォーマンス重視の選出は個人的には納得しています。

注目は初招集の19歳!

TAAさん(@trentarnold98)がシェアした投稿

今回のメンバー発表では19歳のリヴァプールDF「トレント・アレクサンダー=アーノルド」がフル代表に初招集となりました。

サウスゲート監督は「彼のパーソナリティと能力を評価した」と語っており、若さではなく、あくまで代表に値する選手だから招集したと強調しています。

アーノルドは今シーズン、DFナサニエル・クラインの負傷離脱により、リヴァプールで主力として活躍しています。

高精度な右足のキックが武器のアーノルドですが、かつては守備に難がありました。

しかし、試合数に伴って急成長を遂げ、今季はCL準々決勝1stレグでマンチェスター・シティの攻撃陣を完封するなど、守備面でも安定したパフォーマンスを披露しています。

初めてのフル代表がワールドカップの大舞台です、ぜひ活躍していただきたいですね。

イングランド代表はメンバー発表で新たな試みを実施

今回、ワールドカップに臨むメンバー発表においてイングランド代表は新しい試みを実施しました。

従来なら紙に書かれたリストを読み上げてメンバー発表をしていくのですが、今年はなんとSNSと動画を使ったメンバー発表となりました。

動画は若者たちが招集する選手の名前を一人ひとり呼んでいくという内容で、従来のメンバー発表とは大きく異なるアプローチとなっています。

伝統を重視するイングランドでは賛否両論ですが、個人的には淡々と進みがちなメンバー発表を映像作品として残すということに賛成です。

まとめ

Joe Hartさん(@joehartofficial)がシェアした投稿

イングランド代表のゴールマウスを長らく守ってきたGKジョー・ハートの落選には驚きました。

今季は良いパフォーマンスを見せていなかったので、守護神の座は無理だとしても、第3ゴールキーパーには選出されると思っていました。

ウィルシャーやハートの他にもデフォー、ウォルコット、スタリッジなど代表経験が豊富な選手を外す決断をしたサウスゲート監督には、直近のパフォーマンスや戦術を重視するという明確な意図が見えますね。

メンバーを見る限りベスト8までは進めると予想しています、サウスゲート監督のイングランド代表はどのような結果を残すのでしょうか?

本大会での活躍に期待しましょう。