16-17シーズン総括

2016-17シーズン総括「バーンリー」編

2015-16シーズンは2部チャンピオンシップで1位になり、プレミア昇格を果たした「バーンリーFC」

過去にも2度、1年での2部降格を味わっているだけに、2部へのとんぼ返りは避けたいところですよね。

果たして、2016-17シーズンはプレミアリーグに残留できたのでしょうか?

今回の記事ではバーンリーFCの2016-17シーズンを振り返っていきます。

バーンリーFCのシーズン成績(2016-17)

・プレミアリーグ/ 16位
・FAカップ/ 5回戦敗退
・EFLカップ/ 2回戦敗退

順位はリーグ16位と下位なものの、昇格組の中では唯一のプレミア残留を果たしました。

バーンリーFCはホームゲームでの強さが圧倒的で、今シーズン獲得した勝ち点40のうち、33ポイントがホームゲームで獲得したものです。

FAカップでは5回戦敗退と、準々決勝の一歩手前で敗退してしまいましたが、昇格組としては十分な成績でしょう。

2016-17シーズンの基本フォーメーション

システム1 : 4-4-2

2016-17シーズン、バーンリーFCはクラシカルな4-4-2のフォーメーションでシーズンを戦いました。

ロングボールを放り込み、空中戦で激しいフィジカルコンタクトを行う。まさに”イングランド流”のフットボールはダイナミックで、迫力のあるものでした。

フィールドプレイヤー全員のハードワークがチームを残留に導きましたが、その中でも際立っていた選手を見ていきましょう。

まずは守護神を務めるGKの「トム・ヒートン」です。昇格クラブはもちろん劣勢になりやすく、シュートもガンガン打たれてしまいます。

その中でもヒートンは10試合をクリーンシート(無失点)に抑え、抜群のセービング力でチームを救いました。

10試合無失点はプレミアリーグで6位の数字、彼がいなかったら失点は大幅に増えていたでしょう。

また、守備の大黒柱としてディフェンスラインを支えたセンターバック「マイケル・キーン」は、空中戦で圧倒的な強さを見せつけ、大きく株を上げました。

攻撃陣に注目してみると、FW「アンドレ・グレー」が9得点3アシスト、「サム・ヴォークス」が10得点3アシスト、「アシュリー・バーンズ」が6得点2アシストと、どのFWもコンスタントに結果を出しています。

どの選手が出てもそれなりの結果を残せるというのは、コンペティションが多いプレミアリーグでは大事ですよね。

特定の選手に依存せず、チームとして戦えていたからこそ、残留が出来たのかも知れません。

課題 : アウェイゲームの攻略

前述しましたが、2016-17シーズンのバーンリーFCは勝ち点40を獲得し、そのうち33ポイントがホームゲームで獲得したものになります。

裏を返せば、アウェイゲームでは7ポイントしか取れていないことになります。

アウェイ成績は1勝4分14敗と大幅に負け越しており、アウェイゲームをどう戦うかで成績が大きく変わるでしょう。

ホームゲームではしっかり戦えているので、好不調の波を抑えるためにもメンタル面での改善が必要かもしれません。

2017-18シーズン展望

今夏、バーンリーFCは主力のセンターバック「マイケル・キーン」をエヴァートンに引き抜かれてしまいました。

キーンの後釜となる選手の獲得が必須ですが、未だに新たなセンターバックとの契約は出来ていません。

しかし、他のポジションの補強は順調で、レンタルバックを含めて7人の新加入選手が決定しています。

「質より量」の補強になってしまわないように注意したいところですね。

果たして、2017-18シーズンもプレミアリーグに残留することが出来るのか。

新シーズンのバーンリーFCに期待しましょう。

関連記事

  1. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第21節「リヴァプールvsレスター・シティ」解説

    12月30日に行われたプレミアリーグ第21節「リヴァプールvsレスター…

  2. プレミアリーグ

    モイーズ監督がウエストハムの新指揮官に就任!これまでの経歴をおさらい

    2017年11月7日、プレミアリーグ18位に低迷するウエストハム・ユナ…

  3. プレミアリーグ

    トッテナムの「リトル・イニエスタ」こと若手MFハリー・ウィンクスとは?

    「ハリー・ウィンクスはまるでイニエスタのような選手ではないか」…

  4. 16-17シーズン総括

    2016-17シーズン総括「ウェストハム・ユナイテッド」編

    2015-16シーズンを7位で終え、EL出場権を獲得したウェストハム。…

  5. プレミアリーグ

    U-20W杯MVPの若き至宝ドミニク=ソランケ、リヴァプールでの成功なるか

    イングランドが誇る19歳のFWドミニク=ソランケは古巣チェルシ…

  6. 16-17シーズン総括

    2016-17シーズン総括「マンチェスター・ユナイテッド」編

    今年もプレミアリーグの開幕が近づいてきましたね!新シーズンが始まる前に…

PAGE TOP