期待の若手選手

【プレミア若手選手紹介】ライアン・ブリュースター / リヴァプール

 

View this post on Instagram

 

RhianBrewsterさん(@rhianbrewster)がシェアした投稿

2018年7月にリヴァプールFCは、リヴァプールU-23に所属している18歳の若手ストライカー、ライアン・ブリュースターとプロ契約を締結しました。

契約年数は明らかになっていませんが、複数のメディアが5年契約と報じています。

今回は、リヴァプール期待の若手であるライアン・ブリュースターとはどのような選手なのか見ていきましょう。

ライアン・ブリュースターの基本情報

 

View this post on Instagram

 

RhianBrewsterさん(@rhianbrewster)がシェアした投稿

所属 リヴァプール
背番号 24
ポジション FW
国籍 イングランド
生年月日 2000/04/01
身長 180cm
体重 75kg

ライアン・ブリュースターの経歴

ブリュースターはロンドン近郊のチャドウェル・ヒースに生まれ、2~3歳のときから父親の影響でサッカーを始めました。

そして8歳のときにロンドンのクラブであるチェルシーの下部組織に入団します。(このときにはアーセナルやウエストハムなども興味を示したとされ、すでに注目を集める存在でした)

しかし、チェルシーは若手を繰り返しレンタルに出す方針で、トップチームに昇格できる選手はほとんどいないことから、ブリュースターはトップレベルでのプレーを求めて2014年にリヴァプールの下部組織へ移ります。

 

View this post on Instagram

 

RhianBrewsterさん(@rhianbrewster)がシェアした投稿

その後も成長を続けたブリュースターは2016年10月にはファーストチームの親善試合に帯同し、アクリントン・スタンリーFC戦でハットトリックを達成。

さらに2017年4月23日日のクリスタル・パレス戦ではプレミアリーグで初めてのベンチ入り。出場は叶いませんでしたが、クロップ監督の期待が伺えます。

世界に名を知らしめたU-17ワールドカップ

 

View this post on Instagram

 

The big one tomorrow… 🦁🦁🦁 #u17worldcup @england

RhianBrewsterさん(@rhianbrewster)がシェアした投稿 –

イングランド代表U-16、U-17、U-18に選出されているブリュースターですが、彼の名前が世界に広まったのは2017年にインドで開催されたU-17ワールドカップでの活躍からでしょう。

U-17ワールドカップでブリュースターは、アメリカとブラジルに対しハットトリックを達成するなど、合計8得点をマークする活躍で得点王に輝き、イングランド代表を優勝に導きました。(ちなみに、日本代表とイングランド代表は決勝トーナメント1回戦で対戦し、PK戦でイングランド代表が勝利しています)

ワールドカップでの活躍からビッグクラブの注目を集める

 

View this post on Instagram

 

RhianBrewsterさん(@rhianbrewster)がシェアした投稿


U-17ワールドカップの活躍から、PSG、ユベントス、バルセロナなど多くのビッグクラブからオファーを受けたブリュースターですが、それらを断り、リヴァプールでプレーすることを選びました。

ブリュースターはリヴァプールの公式サイトで以下のように語っています。

「素晴らしい気分だよ。正しい選択だと思う。リヴァプールは僕にとってすばらしい環境だし、家族のように僕を扱ってくれている。ファーストチームでプレーするのが待ち遠しい」

ライアン・ブリュースターのプレースタイル

 

View this post on Instagram

 

RhianBrewsterさん(@rhianbrewster)がシェアした投稿

ブリュースターの魅力は、決定力とエリア内での落ち着きです。

ストライカーとして求められる決定力はもちろん備えつつも、エリア内で複数のディフェンスに寄せられても冷静にプレーでき、周りの選手にラストパスも出せる万能型のストライカーだと言えるでしょう。

スピードにも強みがあり、裏抜けからチャンスを作ることもしばしば。

両足どちらでも高精度のキックができるので、フリーキックも上手く、18歳にしては完成度の高いストライカーです。

まとめ

 

View this post on Instagram

 

RhianBrewsterさん(@rhianbrewster)がシェアした投稿

今回はリヴァプール、そしてイングランド代表の期待の星「ライアン・ブリュースター」について見てきました。

今シーズン、クロップ監督はブリュースターをトップチームの構想に入れているとのことでしたが、1月に開催されたU-23マンチェスター・シティでの試合で大怪我を負い、12月までの離脱が決定しています。

若い選手なので焦らず完治させてほしいです。

ブリュースターは18歳とは思えないほどの完成度をもつストライカーですが、プレミアリーグでプレーするには、もう少しフィジカルの強化とポストプレーやヘディング技術の向上が必要だと思います。

ブリュースターのプレミアリーグデビューが待ち遠しいですね。

関連記事

  1. プレミアリーグ

    マンCの怪物 ~ネイマールを超えると評判のガブリエル=ジェズス~

    弱冠20歳のブラジル人FWガブリエル=ジェズスは、2016 -…

  2. プレミアリーグ

    U-20W杯MVPの若き至宝ドミニク=ソランケ、リヴァプールでの成功なるか

    イングランドが誇る19歳のFWドミニク=ソランケは古巣チェルシ…

  3. プレミアリーグ

    トッテナムの「リトル・イニエスタ」こと若手MFハリー・ウィンクスとは?

    「ハリー・ウィンクスはまるでイニエスタのような選手ではないか」…

  4. プレミアリーグ

    カラバオカップでアーセナルの救世主となった「エディ・エンケティア」とは?

    10月24日に行われたカラバオカップ4回戦アーセナルvsノリッジの一戦…

  5. プレミアリーグ

    弱冠18歳「トッテナムのメッシ」は本物か?

    「トッテナムのメッシ」ことマーカス=エドワーズ。〇〇の…

PAGE TOP