プレミアリーグは6月8日まで全試合を延期しています

ネイマールがトップ!サッカー選手市場価値ランキングが発表!【2019年1月】

大手コンサルティング会社「KPMG」が2019年1月1日付けのサッカー選手市場価値ランキングを発表しました。(https://www.footballbenchmark.com/home)

多くの英国メディアでこのランキングは取り上げられており、『デイリー・メール』によると、この調査は過去6年間の情報分析による独自アルゴリズムによって算出されたものになります。(考慮されるのは、ポジションや年齢、国籍、個人成績、契約状況など様々です。)

この記事では、ランキングに選出された選手と所属クラブ、日本円での市場価値を掲載します。

2019年1月 サッカー選手市場価値ランキング

 

View this post on Instagram

 

EneJota 🇧🇷 👻 neymarjrさん(@neymarjr)がシェアした投稿

順位選手名クラブ市場価値
1ネイマールPSG約282億円
2キリアン・エムバペPSG約265億円
3リオネル・メッシバルセロナ約250億円
4モハメド・サラーリヴァプール約207億円
5ハリー・ケイントッテナム約186億円
6エデン・アザールチェルシー約183億円
7ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・C約159億円
8アントワーヌ・グリーズマンアトレティコ・マドリード約155億円
9ポール・ポグバマンチェスター・U約149億円
10フェリペ・コウチーニョバルセロナ約147億円
11ラヒーム・スターリングマンチェスター・C約137億円
12C・ロナウドユヴェントス約134億円
13ロベルト・フィルミーノリヴァプール約128億円
14ロメル・ルカクマンチェスター・U約127億円
15デレ・アリトッテナム約126億円
16レロイ・サネマンチェスター・C約125億円
17パウロ・ディバラユヴェントス約118億円
18トニ・クロースレアル・マドリード約117億円
19マウロ・イカルディインテル約112億円
20テア・シュテーゲンバルセロナ約111億円
21セルヒオ・アグエロマンチェスター・C約110億円
22ガブリエル・ジェズスマンチェスター・C約109億円
23サディオ・マネリヴァプール約109億円
24ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン約108億円
25エンゴロ・カンテチェルシー約106億円
26アリソンリヴァプール約105億円
27クリスチャン・エリクセントッテナム約105億円
28ラファエル・ヴァランレアル・マドリード約101億円
29ルイス・スアレスバルセロナ約100億円
30ヤン・オブラクアトレティコ・マドリード約99億円
31エデルソンマンチェスター・C約99億円
32サウール・ニゲスアトレティコ・マドリード約98.5億円
33ウスマン・デンベレバルセロナ約93.6億円
34マルコ・アセンシオレアル・マドリード約92.8億円
35カゼミロレアル・マドリード約92.4億円
36サミュエル・ユムティティバルセロナ約90億円
37コケアトレティコ・マドリード約89億円
38イスコレアル・マドリード約87億円
39マーカス・ラッシュフォードマンチェスター・U約87億円
40ミラレム・ピアニッチユヴェントス約86.3億円
41ガレス・ベイルレアル・マドリード約86.2億円
42ハメス・ロドリゲスバイエルン約85億円
43リヤド・マフレズマンチェスター・C約84.8億円
44オーバメヤンアーセナル約84.2億円
45ジョシュア・キミッヒバイエルン約83.6億円
46トマ・レマルアトレティコ・マドリード約82.4億円
47フロリアン・トヴァンマルセイユ約81.8億円
48アントニオ・リュディガーチェルシー約81.5億円
49ジョン・ストーンズマンチェスター・C約81億円
50ティモ・ヴェルナーRBライプツィヒ約81億円

トップ50の所属リーグを分析

 

View this post on Instagram

 

Premier Leagueさん(@premierleague)がシェアした投稿

所属リーグランクイン数
プレミアリーグ(イングランド)22
ラ・リーガ(スペイン)17
ブンデスリーガ(ドイツ)4
セリエA(イタリア)4
リーグ・アン(フランス)3

ランクインした選手たちの所属リーグを分析してみると、プレミアリーグとラ・リーガに市場価値の高い選手が集中していることがわかります。

この2つのリーグは選手たちの間から「目指すべきリーグ」とされるだけあって人気が高いようですね。

セリエAとブンデスリーガでランクインした選手はほぼユヴェントスとバイエルンの選手ですので、リーグ内での1極集中が顕著だと言えるでしょう。

セリエAとブンデスリーガが人気を得るためには、他のクラブも有力な選手を擁して王者を脅かさなければなりません。

トップ50の所属クラブを分析

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿

クラブ名ランクイン人数
マンチェスター・C8
レアル・マドリード6
バルセロナ6
アトレティコ・マドリード5
リヴァプール4
ユヴェントス3
バイエルン3
トッテナム3
チェルシー3
マンチェスター・U3
PSG2
アーセナル1
インテル1
マルセイユ1
RBライプツィヒ1

ランクインした選手たちをクラブ別にカウントしてみると、マンチェスター・シティが8名と1位に。市場価値の高い若手を中心に有力選手を多く抱えていることがわかりますね。

レアル・マドリードは6名がランクインしていますが、最高位が18位のクロースと、かつてほど銀河系軍団という訳ではなさそうです。

レアルは近年、ビッグネーム獲得よりも若手に投資しているので補強戦略が変わってきたと言えるでしょう。

PSGは市場価値の最も高いネイマールと2位のエムバペを擁していますが、他の選手たちは50位以内にランクインしていません。

欧州で安定した成績を残したいのであれば、チーム内での格差をなんとかしなければならないでしょう。

まとめ

 

View this post on Instagram

 

Manchester Cityさん(@mancity)がシェアした投稿


サッカーはチームスポーツなので、市場価値が高い選手がいれば勝てるという訳ではありません。

莫大な資金力を持つクラブが多いですが、その資金を賢く使わなければCLでトロフィーを勝ち取るのは難しいでしょう。

スタープレイヤーを獲得するのはマーケティング面では大きな成果をもたらしますが、チームが強くなるかというのはまた別の話です。

攻撃の選手ばかりにお金を投じても守備がお粗末だとバランスが崩壊しますし、適材適所の補強戦略というのが必須です。

その点をうまくやっているのが「マンチェスター・シティ」や「リヴァプール」で、自分たちの弱点を的確に補強しており、チームとして年々強くなっています。

常勝軍団であるレアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘンはまさに世代交代の最中という感じで、本来の強さを取り戻すには少し時間がかかりそうですね。

次回の発表ではどの選手がランクインしてくるのか楽しみです!