2018ワールドカップ

2018ワールドカップのGS第2節が終了!Tavitt Footballがベスト11を選出!

FIFA World Cupさん(@fifaworldcup)がシェアした投稿

2018FIFAワールドカップ ロシア大会のグループステージ第2節が終わり、グループステージの突破・敗退が確定する組が出てきました。

このページでは、Tavitt Footballが選出する第2節のベストイレブンを掲載します。

Tavitt Football選出!グループステージ第2節ベストイレブン

ハリー・ケイン(イングランド)

Harry Kaneさん(@harrykane)がシェアした投稿

第一節で2ゴールをマークしているイングランド代表のエース、ハリー・ケインは第2節パナマ戦ではハットトリックの大活躍。

2試合で5ゴールという大暴れを見せ、第二節終了時点では得点ランキングのトップに立っています。

2得点はPKからですが、冷静に沈める決定力はまさにワールドクラスです。

ロメル・ルカク(ベルギー)

Manchester United Perúさん(@mufc_peru)がシェアした投稿

ベルギー代表FWのロメル・ルカクはチュニジア代表との試合で2ゴールをマークしました。

これで2試合連続2ゴールとし、第二節終了時点で4ゴール、得点ランキングでは5ゴールのケインに次いで2位に位置しています。

第3節のイングランドvsベルギーでは両エースの対決が見られると思ったのですが、ルカクはチュニジア戦で足首を負傷。

イングランド戦での欠場は濃厚とされています。今大会中に復帰することができるのでしょうか?

アーメド・ムサ(ナイジェリア)

FIFA World Cupさん(@fifaworldcup)がシェアした投稿

ナイジェリア代表FWのアーメド・ムサは第二節アイスランド戦で2ゴールをマークしました。

1点目は完璧なトラップからのボレー、2得点目は大柄な体格を持つアイスランドの守備陣を自慢のスピードで切り裂き、圧倒的な攻撃力を見せつけました。

ロシアの強豪CSKAモスクワから、プレミアリーグのレスターへ加入したムサでしたが、イングランドのサッカーに馴染むことはできず、2018年はレンタルで再びCSKAモスクワに戻っています。

ロシアワールドカップでの活躍を見ると、やはりムサにはロシアの空気が合っているのか・・・と思ってしまいますね。

ハメス・ロドリゲス(コロンビア)

James Rodríguezさん(@jamesrodriguez10)がシェアした投稿

2014年のブラジルワールドカップで得点王となったコロンビアのエース、ハメス・ロドリゲス。

第一節の日本戦では途中出場したものの流れを変えられず、1-2で敗北、コロンビア代表は大きく批判されていました。

負ければ敗退が確定する第二戦のポーランド戦でハメス・ロドリゲスは先発出場、すると見事に2アシストを記録し実力を証明。

この試合ではパス本数、チャンスメイク数とも1位で、コロンビア代表の攻撃の中心として活躍しました。

フアン・クアドラード(コロンビア)

Juan Cuadradoさん(@cuadrado)がシェアした投稿

コロンビア代表のスピードスター、クアドラードは第二節のポーランド戦で1ゴールを挙げ、ポーランド代表をグループステージ敗退に追い込みました。

初戦の日本戦では、退場者が出たことで前半のうちに交代させられてしまいましたが、クアドラードを失ったコロンビア代表の推進力は一気に低下し、そのまま敗北してしまいました。

第二節でチーム最多のドリブル成功を記録し、自分が必要不可欠な存在だと改めて証明しました。

柴崎岳(日本)

第二節で日本代表は強豪セネガルと対戦し2-2で引き分けました。

攻守両面でチームの中心となっていたのが、日本代表の柴崎です。

長短織り交ぜたパスでゲームを作り、特に対角線に出すロングパスはまさに芸術、日本代表が同点に追いついた乾選手のゴールの起点となりました。

また、以前ではデュエルの場面で弱さが見られましたが、守備面でもかなりのインテンシティ(強度)を見せつけました。

ルカ・モドリッチ(クロアチア)

Luka Modricさん(@lukamodric10)がシェアした投稿

第一節のベストイレブンにも選出したクロアチア代表のMFモドリッチは第二節でもチームの中心として活躍。

クロアチア代表は優勝候補の一角であるアルゼンチンを3-0で下し、決勝トーナメント進出を決めました。

モドリッチはエリア外から豪快なミドルシュートを突き刺し、プレーメーキングだけでなく、狙いすましたシュートも大きな武器であることを見せつけています。

バルセロナのラキティッチ、レアル・マドリードのモドリッチが構成するクロアチア代表の中盤コンビは、今大会で最高の中盤かもしれません。

マルセロ(ブラジル)

Marcelo Vieira Jr.さん(@marcelotwelve)がシェアした投稿

ブラジル代表は初戦のスイス戦でドローに終わり、第二節のコスタリカ戦は確実に勝利したいゲームでした。

しかし、コスタリカ代表GKナバスの固い守備をこじ開けられずに試合は0-0のまま後半アディショナルタイムへ。

この状況を打破したのがブラジル代表の左サイドバック、マルセロです。

マルセロから送られた中央のクロスを折り返し、最後に詰めたのはコウチーニョ!

劇的なゴールで勝利したブラジル代表ですが、この試合でマルセロはドリブル成功率100%を記録し、同じく左サイドを務めるネイマールと共に脅威であり続けました。

ジョン・ストーンズ(イングランド)

John Stonesさん(@johnstonesofficial)がシェアした投稿

イングランド代表でセンターバックを務めるストーンズは、空中戦や1対1で圧倒的な強さを見せ、第二節のパナマ戦ではDFながらも2ゴールを記録。

さらにパス本数96本と2番目の多さで、パス成功率96.9%は1位と、イングランド代表のゲームの組み立てにも大きく関与しています。

ムサ・ワゲ(セネガル)


第二節の日本戦で右サイドバックとして出場したワゲは、71分に右足で勝ち越しゴールをマークしました。

このゴールはアフリカ出身選手のワールドカップ最年少得点記録(19歳と263日)となり、歴史に名を刻むゴールとなりました。

ワゲは現在ベルギーリーグのオイペンに所属していますが、ワールドカップの活躍から、ビッグクラブからのオファーもあるかもしれません。

ルイ・パトリシオ(ポルトガル)

A Última Barreiraさん(@ultimaabarreira)がシェアした投稿

ポルトガル代表GKのルイ・パトリシオはモロッコ戦で15本ものシュートを打たれるも、無失点に抑えて勝利に貢献しました。

特にセットプレーからMFベルアンダのヘディングシュートをストップしたシーンは、今大会屈指のビッグセーブでしょう。

ルイ・パトリシオは今シーズンからプレミアリーグ昇格組のウォルヴァーハンプトンへの移籍が決定しているため、今季は彼のプレーをプレミアで見ることができそうです。

まとめ

早くも第二節が終了し、アルゼンチンが窮地に追い込まれるなどの波乱が起こっています。

グループステージ最終戦では1位・2位が確定し、決勝トーナメントの組み合わせも明らかになります。

どのチームが決勝トーナメントで激突するのでしょうか?楽しみですね!

関連記事

  1. 2018ワールドカップ

    2018ワールドカップのラウンド16が終了!Tavitt Footballがベスト11を選出!

    2018FIFAワールドカップ ロシア大会の決勝トーナメント1回戦が終…

  2. 2018ワールドカップ

    FIFAワールドカップ2018全出場チームの市場価値ランキング!1位は?

    ドイツの移籍データサイト『Transfermarkt』では、各国の市場…

  3. 2018ワールドカップ

    2018FIFAワールドカップ ロシアGS放映スケジュール一覧【地上波】

    2018FIFAワールドカップ ロシア大会は、NHK、日本テレビ、テレ…

  4. 2018ワールドカップ

    2018ワールドカップロシア大会-開催都市・試合会場一覧

    このページでは、2018FIFAワールドカップ ロシア大会で利用さ…

  5. 2018ワールドカップ

    イングランド代表がW杯メンバーの23人を発表!全選手がプレミア所属!

    イングランドサッカー協会(FA)は2018年5月16日にFIFAワール…

  6. 2018ワールドカップ

    2018FIFAワールドカップ ロシア | グループステージ組み合わせ ・日程

    グループステージでは出場32チームが各組4チームずつの計8組(グループ…

PAGE TOP