プレミアリーグ

プレミアリーグが2018年夏でフリーになる選手のリストを公開!注目選手は?

Emre Canさん(@ec2323)がシェアした投稿


プレミアリーグ公式サイトで、2018年夏でフリー(契約切れ)になる選手のリストが公開されています。

契約切れとなる選手は年俸のみ負担の移籍金ゼロで獲得できるので、クラブにとっても優先的に獲得したい存在です。

このページでは、フリートランスファーとなった選手で注目の選手をご紹介します。

プレミアリーグのフリートランスファー規定

Premier Leagueさん(@premierleague)がシェアした投稿


今シーズンにおけるフリートランスファーの選手とは、2018年6月30日に契約が満了するプレイヤーのことを指します。

各クラブは5月の第3土曜日までに保持選手、フリーで放出する選手のリストを提出することが定められています。

しかし、各選手は現所属クラブとさらなる契約延長を結ぶ可能性があるという点には注意しなければなりません。

リスト入りしたからといって、チームから必ずしも出ていくという訳ではありません。

そのため、リスト入りしてから状況が変わることは十分に考えられます。

フリートランスファー注目選手

サンティ・カソルラ / アーセナル

Santi Cazorlaさん(@santicazorla)がシェアした投稿

現在33歳のカソルラは2012-13シーズンに財政難だったスペインのマラガFCからアーセナルに加入。

当初は攻撃的MFとして、初年度ながら12ゴールをマークし、チームの4位獲得に貢献しました。

MFメスト・エジル加入後はポジションを一列下げ、中盤の舵取り役としてチームの中心に。

2014-15シーズンは7ゴール11アシストと活躍していましたが、2015年の夏に膝の靭帯断裂、さらにアキレス腱の怪我からの感染症で足を切断する危機に瀕してしまいました。

しかし、10度もの手術を乗り越えて2018年4月、ついに練習に復帰。

アーセナルとの契約は切れてしまいますが、2011年に所属していた古巣のビジャレアル(スペイン)への復帰が濃厚となっているようです。

ヤヤ・トゥーレ / マンチェスター・シティ

Cityzens We Lifeさん(@fans.mancity.eu)がシェアした投稿

35歳のMFヤヤ・トゥーレはグアルディオラ監督(現・マンチェスター・シティ監督)と長い因縁がある選手です。

2007年からFCバルセロナに在籍し、シャビやイニエスタの後ろでプレーしていましたが、2008年グアルディオラ監督がバルセロナの監督に就任すると状況は一変。

グアルディオラ監督はヤヤ・トゥーレに代えてセルヒオ・ブスケツを重宝したために、ヤヤの出場機会は激減してしまいました。

Premier Leagueさん(@premierleague)がシェアした投稿

2010年の夏にマンチェスター・シティへ当時のアフリカ出身選手での最高年俸で移籍すると、すぐにチームの中心選手に。

2013-14シーズンにはMFとして異例の20ゴールをマークし、マンチェスター・シティのリーグ制覇に大きく貢献しました。

しかし、2016-17シーズンにグアルディオラ監督がマンチェスター・シティの監督に就任すると、代理人の監督批判も相まって全く起用されない時期が続きました。

2017-18シーズンは主にサブでの起用となり、契約満了による円満退団とされていましたが、ヤヤは「プレミアリーグのビッグ6なら週給1ポンドでプレイする」と発言しており、マンチェスター・シティ相手に戦いたいということを明言しています。

そのため、プレミアリーグ内での移籍が濃厚とされています。

エムレ・ジャン / リヴァプール

Emre Canさん(@ec2323)がシェアした投稿


ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンの下部組織で育った24歳の逸材は、2014-15シーズンにリヴァプールへ加入。

センターバック、サイドバック、セントラルミッドフィールダーなど、複数のポジションでプレーできるジャンですが、クロップ監督が就任すると守備的MFでの起用が中心になりました。

豊富な運動量を武器に攻守に渡って貢献し、ミドルシュートも大きな武器です。

リヴァプールの中盤には欠かせない存在となっていましたが、クラブとの契約延長交渉は難航、移籍先には2017年冬にも加入が噂されていたユベントスが濃厚となっています。

チャンピオンズリーグでリヴァプールとユベントスが戦う場合は古巣対決が見られるかもしれませんね。

まとめ

Per Mertesackerさん(@p_mertesacker)がシェアした投稿

今夏はペア・メルテザッカー(アーセナル)やマイケル・キャリック(マンチェスター・ユナイテッド)が引退、さらにグレン・ジョンソン(ストーク)、ロベルト・フート(レスター)、ティム・クルル(ブライトン)など、プレミアリーグではおなじみのプレイヤーがフリーとなっています。

ビッグクラブのスター選手は高額な年俸で中国やカタール、MLSなどに移籍していきますが、長年中堅クラブで戦ってきたベテランはキャリアの晩年をどこのクラブで過ごすのでしょうか?

彼らがプレミアリーグから去ってしまうのは寂しいので、ぜひプレミアリーグで、せめてイングランド国内で見ていたいですね。

今後の動向に注目しましょう。

関連記事

  1. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第17節「ハダースフィールドvsチェルシー」解説

    12月13日に行われたプレミアリーグ第17節「ハダースフィールドvsチ…

  2. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第23節「リヴァプール vs マンチェスター・シティ」解説

    1月15日に行われたプレミアリーグ第23節「リヴァプールvsマンチェス…

  3. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第34節「トッテナムvsマンチェスター・シティ」解説

    4月15日に行われたプレミアリーグ第34節「トッテナム vs マンチェ…

  4. プレミアリーグ

    プレミアリーグ”ビッグ6″の2017-18シーズン前半戦成績まとめ

    プレミアリーグの前半戦も終わり、シーズンは折り返しに差し掛かっています…

  5. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第28節「マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー」解説

    2月25日に行われたプレミアリーグ第28節「マンチェスター・ユナイテッ…

  6. プレミアリーグ

    ストーク・シティがマーク・ヒューズ監督を解任!うまくいかなかった理由は?

    プレミアリーグのストーク・シティは1月6日、FAカップ3回戦で4部のコ…

PAGE TOP