プレミアリーグは4月30日まで全試合を延期しています

プレミアリーグ2017-18シーズン夏の移籍まとめ「BIG6」編

9月1日をもって、2017-18シーズンの夏の移籍市場が締切となりました。

各チームは戦力の補強を完了し、冬の移籍市場までは現有戦力で長いシーズンに臨むこととなります。

当記事では、各クラブ毎に加入・退団選手を一覧でまとめ、移籍市場での寸評を書いていきます。

今回は、昨シーズン1位~6位の”BIG6″の移籍動向について見ていきましょう。

チェルシーFC

加入

※ 赤字は注目選手

選手名前所属
GKウィリー・カバジェロマンチェスター・シティ
DFアントニオ・リュディガーローマ
DFダヴィデ・ザッパコスタトリノ
MFティエムエ・バカヨコモナコ
MFダニー・ドリンクウォーターレスター
FWアルバロ・モラタレアル・マドリード

退団

 選手名 移籍先
GK アスミル・ベゴヴィッチボーンマス
DFナタン・アケボーンマス
DFジョン・テリーアストン・ヴィラ
DFクル・ズマストーク(レンタル)
MFネマニャ・マティッチマンチェスター・ユナイテッド
MFロフタス=チーククリスタル・パレス(レンタル)
MFクリスティアン・アツニューカッスル
MFベルトラン・トラオレリヨン
MFフアン・クアドラードユヴェントス
MFナサニエル・チャロバーワトフォード
FWドミニク・ソランケリヴァプール
FW ロイク・レミーラス・パルマス
FW タミー・アブラハムスウォンジー(レンタル)

ロメル・ルカク」をマンチェスター・ユナイテッドに横取りされ、序盤はなかなか思うような補強が出来なかったチェルシー。

とはいえ、各ポジションの実力者をバランス良く獲得しており、特に移籍期限最終日に獲得したMF「ダニー・ドリンクウォーター」はセントラルMFの層の薄さを解決してくれるでしょう。

気になるのは移籍を志願していたのに結局残留することになったFW「ジエゴ・コスタ」です。

確執があったコンテ監督とは和解したとも報道されていますが、プレーにどのような影響が出るのでしょうか。

トッテナム・ホットスパー


加入

選手名前所属
DFダヴィンソン・サンチェスアヤックス
DFフアン・フォイスエストゥディアンテス
DFセルジュ・オーリエパリ・サンジェルマン
FWフェルナンド・ジョレンテスウォンジー

退団

選手名移籍先
DFフェデリコ・ファシオローマ
DFカイル・ウォーカーマンチェスター・シティ
DFケヴィン・ヴィマーストーク
MFジョシュ・オノマーアストン・ヴィラ(レンタル)
FWクリントン・ヌジェマルセイユ

移籍市場でなかなか動き出さなかったのがトッテナムです。そもそも今までが順調だったのでなにも変える必要はありませんからね。

FW「ハリー・ケイン」のバックアッパーとなる「フェルナンド・ジョレンテ」も獲得できましたし、主力流出を避けつつ選手層を強化できました。

DF「カイル・ウォーカー」の退団はチームに打撃を与えるという見方もありますが、昨シーズン頭角を表したDF「キーラン・トリッピアー」が充分に穴を埋める存在になるでしょう。

また21歳のコロンビア人DF「ダヴィンソン・サンチェス」がブレイクするかにも注目です。

マンチェスター・シティ


加入

選手名前所属
GKエデルソンベンフィカ
DFカイル・ウォーカートッテナム
DFダニーロレアル・マドリード
DFバンジャマン・メンディモナコ
MFベルナルド・シウバモナコ

退団

選手名移籍先
GKジョー・ハートウェストハム(レンタル)
GKウィリー・カバジェロチェルシー
DFバカリ・サニャ
DFパブロ・サバレタウェストハム
DFガエル・クリシーバシャクシェヒル
DFアレクサンドル・コラロフローマ
DFジェイソン・デナイエルガラタサライ(レンタル)
MFアーロン・ムーイハダースフィールド
MFヘスス・ナバスセビージャ
MFフェルナンドガラタサライ
MFサミル・ナスリアンタルヤスポル
FWケレチ・イヘアナチョレスター
FWノリートセビージャ
FWウィルフリード・ボニースウォンジー

契約満了になる選手も多く、ベテラン選手を売却し、若い選手を獲得するという珍しく堅実な補強を行ったマンチェスター・シティ。

昨シーズン不安だった右サイドやゴールキーパーといったポジションを的確に補強できたのは流石です。

特にMF「ベルナルド・シウバ」はテクニックがあって、グアルディオラ監督が好みそうな選手ですよね。

懸念事項は各選手がプレミアリーグにフィットするか否かですね。

トッテナムから獲得した「カイル・ウォーカー」以外はプレミア初挑戦なので、フィットするまで多少時間を要するかもしれません。

リヴァプール


加入

選手名前所属
DFアンディ・ロバートソンハル・シティ
MFオックスレイド=チェンバレンアーセナル
FWドミニク・ソランケチェルシー
FWモハメド・サラーローマ

退団

選手名移籍先
DFママドゥ・サコクリスタル・パレス
MFシェイ・オジョフラム(ローン)
MFルーカス・レイヴァラツィオ
MFケビン・スチュワートハル・シティ
FWディボック・オリギヴォルフスブルク(レンタル)

移籍市場が開かれた当初から加入が噂になっていたサウサンプトンDF「ファン・ダイク」は結局獲得することができませんでした。

しかし、クロップ監督が熱望する「モハメド・サラー」や「アレックス・オックスレイド=チェンバレン」といった快速アタッカーを獲得することができたのは今夏の大きな収穫です。

特にサラーに関しては、開幕戦から大活躍をするなど早くもチームにフィットしています。

個人的に注目しているのはFW「ドミニク・ソランケ」です。彼がブレイクしてくれれば、リヴァプールの前線は非常に怖いものになるかもしれません。

アーセナル


加入

選手名前所属
DFセアド・コラシナツシャルケ
FWアレクサンドル・ラカゼットリヨン

退団

選手名移籍先
GKエミリアーノ・マルティネスヘタフェ(レンタル)
GKヴォイチェフ・シュチェスニーユヴェントス
DFガブリエウ・パウリスタバレンシア
DFカール・ジェンキンソンバーミンガム(レンタル)
DFキーラン・ギブスウェスト・ブロムウィッチ
MFジョエル・キャンベルレアル・ベティス(レンタル)
MFオックスレイド=チェンバレンリヴァプール
FWルーカス・ペレスデポルティーボ(レンタル)
FWヤヤ・サノゴトゥールーズ

アーセナル、これだけの補強で大丈夫なのか・・・と思わず感じてしまう夏の移籍市場でした。

FW「アレクサンドル・ラカゼット」とDF「セアド・コラシナツ」を早々に獲得したアーセナルには、「今季のアーセナルは違うぞ!」と期待したのですが、結局補強はこの2選手のみ。

正直、前線よりもセンターバック等の補強を優先的にやるべきだったと思います。この陣容だとラカゼットの爆発に期待するしかありませんね。

マンチェスター・ユナイテッド


加入

選手名前所属
DFヴィクトル・リンデロフベンフィカ
MFネマニャ・マティッチチェルシー
FWズラタン・イブラヒモビッチフリー
FWロメル・ルカクエヴァートン

退団

選手名移籍先
DFボースウィック・ジャクソンリーズ(レンタル)
DFティモシー・フォス=メンサークリスタル・パレス(レンタル)
DFギジェルモ・ヴァレラペニャロール
MFアドナン・ヤヌザイレアル・ソシエダ
FWウェイン・ルーニーエヴァートン

昨季はFW「ズラタン・イブラヒモビッチ」に依存した攻撃が多く、マンチェスター・ユナイテッドの補強方針は「攻撃力の強化」と明確なものでした。

FW「ロメル・ルカク」の争奪戦を制し、ポグバの負担を減らせる存在としてMF「ネマニャ・マティッチ」を獲得するなど、今夏の補強は的確なものでした。

サプライズだったのがFWイブラヒモビッチとの再契約。怪我で離脱しているものの、昨季17ゴールを挙げた選手が戻ってくれば、選手層は非常に厚くなります。

今季のマンチェスター・ユナイテッドは久しぶりに優勝争いを繰り広げてくれそうな予感がします。

まとめ

BLG6の中で最も良い補強をしたのは、マンチェスター・ユナイテッドでしょう。

課題であるポイントをしっかりと抑え、有力な選手を連れてくる手腕は見事なものです。

マンチェスター・シティも高齢化という課題を解決するべく30代の選手を多く放出し、今後の主力を担うであろう有望な若手を連れてくることに成功しています。最も中長期的な視点を持っているのはシティかもしれません。

リヴァプールはプレースタイルに合った補強をし、エースのMF「フィリペ・コウチーニョ」が残留するなど、結果的には良い夏を過ごしました。

チェルシーは苦戦しましたが、なんとかリカバリーし最低限の補強をしたという所でしょうか。

残念だったのがアーセナル。

多くの人員整理をしたものの、なぜか最終的にFW「アレックス・オックスレイド=チェンバレン」を失うという結果に着地しています。

これでは選手層が薄くなっただけで、FWラカゼットが爆発しなければ昨季よりも悪いシーズンを送ることになってしまいそうです。

今夏の移籍市場でも莫大な金額が動きました。

しかし、多額の移籍金で獲得した選手が使い物にならない事はよくあるもの。今夏はどんな選手が活躍してくれるのか楽しみですね。