ヨーロッパリーグ

エヴァートンがグループステージ敗退の危機!ELの第3節振り返り

Diego Sideburns By flickr(CC BY-NC-ND 2.0)

UEFAヨーロッパリーグ2017-18に出場しているプレミアリーグのクラブは、昨季6位のアーセナルと昨季7位のエヴァートンです。

第2節までにアーセナルは見事連勝を飾り、エヴァートンは未勝利と対象的な両チーム。

エヴァートンとしては第3節で勝利しないとグループステージ突破は難しくなるでしょう。

今回の記事では、アーセナル、エヴァートンのヨーロッパリーグ第3節を振り返っていきます。

グループE『エヴァートン』

第3節終了時の順位表

勝ち点 得失点差
アタランタ 7 +5
リヨン 5 +1
アポロン・リマソール 2 -2
エヴァートン 1 -4

ヨーロッパリーグのグループEを戦うエヴァートンは、初戦でアタランタに3-0の完敗、2節ではホームのグディソン・パークでキプロスのクラブ相手にドロー。

後がないエヴァートン。第3節は何としても勝利が必須だったのですが、ホームでフランスのリヨン相手に1-2で敗れてしまいました。

クーマン監督はルーニーを使わない決断。

負けられない試合でロナルド・クーマン監督が選択した布陣は4-1-4-1。

ルーニーをベンチ外とした指揮官は、怪我人が多い最終ラインに若手の「メイソン・ホルゲート」と「アシュリー・ウィリアムズ」を起用。

ワントップには20歳の若手FW「ドミニク・カルバート=ルーイン」を配し、大一番に臨みます。

キックオフから押し気味のエヴァートンでしたが、開始早々にDFホルゲートが痛恨のミス。

リヨンMF「メンフィス・デパイ」のスルーパスに走り込んだMFマルシアルをエリア内で倒してしまい、安易にPKを与えてしまいます。

このPKをリヨンのキャプテン「ナビル・フェキル」が確実に決めてリヨンが先制。

前半の早い時間帯で、エリア内でそこまで厳しくいかなくても・・・と思うほど不用意なPKでした。

しかも、今季プレミアリーグでは5点しか決めていないエヴァートンが追いかける展開という非常に厳しい状況です。

今までの戦いと同じく、なぜか中盤でボールが止まってしまい前線へと収まらないエヴァートン。

16分、21分、25分と続けてチャンスを迎えますが、枠外へのシュートが目立ち、得点の気配はありません。

エヴァートンの1点ビハインドのまま前半を折り返し、次にスコアが動いたのは68分。

途中出場したエヴァートンMF「ギルフィ・シグルズソン」のフリーキックに、頭で合わせたのはDFアシュリー・ウィリアムズ。

完璧なクロスに完璧なタイミングで合わせたヘディングでのゴールは見事な同点ゴールとなりました。

ところが8分後の76分にエヴァートンは、途中出場をしたリヨンFW「マクスウェル・コルネ」にバックパスのミスを奪われ、そのままエリア内への侵入を許してしまいます。

グラウンダーのクロスにヒールで合わせたのはFW「バートランド・トラオレ」、今夏チェルシーから加入した22歳のストライカーに決められ、エヴァートンは1-2と絶望的な状況に追い込まれます。

再びリードを許してしまったエヴァートンの選手たちは攻守に渡ってミスが目立ち、結局試合は1-2でリヨンがリードしたまま終了。

内容的にもエヴァートンが負けて当然のような内容で、昨季7位のチームとは思えない程です。

ホームサポーターの苛立ちも相当なようで、サポーターがフィールドに乱入するほどの乱闘騒ぎも起きてしまいました。

3節を終えて未だ未勝利のエヴァートン。次節アウェイでのリヨン戦でも負ければグループステージ敗退が決まるでしょう。

ハイライト動画

グループH『アーセナル』

第3節終了時の順位表

勝ち点 得失点差
アーセナル 9 +5
レッドスター・ベオグラード 4 0
BATEボリソフ 4 -1
ケルン 0 -4

ヨーロッパリーグのグループHを戦うアーセナルは、第3節でセルビアのレッドスター・ベオグラードとアウェイの地で対戦し、0-1で勝利。

※レッドスター・ベオグラードはセルビアではFKツルヴェナ・ズヴェズダ」と呼ばれており、各メディアで表記が違うのですが、当サイトでは「レッドスター・ベオグラード」で統一しています。

ここまで2連勝を重ねているアーセナルを率いるヴェンゲル監督は、落としても問題の無い一戦と判断したのか、主力を温存しサブと若手の布陣で挑みます。

若手&サブ主体のアーセナルはセルビアの古豪に苦戦

序盤からアーセナルMF「ジャック・ウィルシャー」が効果的なパスを前線に送りますが、FWオリヴィエ・ジルーの足元に収まらなかったりと決定機に結びつけることはできません。

しかし、ヨーロッパリーグでは好調を維持しているウィルシャーはこの試合でも調子が良さそうです。

一方、レッドスターはディフェンスラインの裏を積極的に狙っていますが、最後のところでつまづいてしまいます。

31分、レッドスターはカウンターから右サイドのMFスルニッチが中央へ速いクロス。

フリーで受けたMFロドニッチがシュートを放ちますが、ここは主力の中で唯一起用されているアーセナルの守護神「ペトル・チェフ」がセーブ。

前半は両チームとも決定力に欠け、0-0でゲームを折り返します。

80分、ハイボールの競り合いでアーセナルMF「フランシス・コクラン」に対して肘打ちをしてしまったレッドスターMF「ロドニッチ」に2枚目のイエローカードが出され、退場処分に。

アーセナルが数的アドバンテージを得た5分後、ついに得点が生まれます。

試合終了間際の85分。アーセナルMFウィルシャーが巧みなタッチでディフェンス2人の間を抜け出すと、サイドの「セオ・ウォルコット」とワンツー。

ウィルシャーからの浮き球パスをウォルコットがヘディングで落とし、最後はFWジルーが華麗なバイシクルシュート。

アーセナルらしい見事なコンビネーションでついにアーセナルが先制します。

 

Arsenal Officialさん(@arsenal)がシェアした投稿

結局、この1点が決勝点となり、アーセナルがグループステージ3連勝を飾っています。

内容的には満足できるものではありませんでしたが、ジルーやウィルシャーのクオリティの高さが実感できたゲームとなりました。

驚きだったのが、レッドスター・ベオグラードの強さです。

ボールを奪ってからの速攻で何度もアーセナルのゴールを脅かしていましたし、このグループではアーセナルに次ぐ2位でグループステージを突破してきそうです。

ハイライト動画

まとめ

第2節に続き、アーセナルMFジャック・ウィルシャーの好調が目立ちました。

CLでの活躍を見る限り、個人的にはヴェンゲル監督はリーグ戦でもっとウィルシャーを起用すべきだと思います。(EL第3節終了時点でプレミアリーグでの出場無し)

また、アーセナルは4バックの方が間違いなく安定しているので、4バック固定+ウィルシャーの出場機会増加というのを今後は期待したいですね。

一方、チーム状況が改善されないエヴァートンは、ついにクーマン監督を解任することを決断しました。

昨季クラブをプレミアリーグで7位に導いた指揮官があっさりと解任されてしまったのは残念です。

すでにグループステージの突破が絶望的なエヴァートンですが、次節のアウェイ、リヨン戦で敗れれば敗退は決定的です。

欧州の舞台に参加している他のプレミア勢が好調なだけに、エヴァートンにもぜひ勝利を手にして欲しいですね。

引き続き応援していきましょう!

関連記事

  1. ヨーロッパリーグ

    アーセナルがグループステージ突破!ELの第4節振り返り

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18に出場しているプレミアリーグのク…

  2. ヨーロッパリーグ

    2018-19ヨーロッパリーグ・準々決勝の組み合わせが決定!

    UEFAヨーロッパリーグ2018-19には、プレミアリーグからチェルシ…

  3. ヨーロッパリーグ

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18|ラウンド32の組み合わせまとめ

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18には、アーセナルとエヴァートンの…

  4. ヨーロッパリーグ

    UEFAヨーロッパリーグのデータ総まとめ・大会方式の解説

    名門から中堅国の実力派クラブまで、来季のチャンピオンズリーグ出場権を懸…

  5. 17-18シーズン公式戦-解説

    エヴァートンはヨーロッパリーグで初勝利なるか?EL第6節振り返り

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18に出場しているプレミアリーグのク…

  6. ヨーロッパリーグ

    2018-19ヨーロッパリーグ日程・スケジュール一覧

    2018-19シーズンのヨーロッパリーグの年間スケジュールです…

PAGE TOP