プレミアリーグ

[18-19夏の移籍市場]プレミアリーグに加入した選手の移籍金ランキング

 

View this post on Instagram

 

Kepa Arrizabalaga Revueltaさん(@kepaarrizabalaga)がシェアした投稿

今までは8月31日がプレミアリーグにおける移籍市場の最終日(デッドラインデー)だったのですが、今シーズンからは開幕の前日に移籍市場がクローズとなりました。

その影響もあってか、プレミアリーグでは例年ほど派手な選手獲得は目立ちませんでした。

このページでは、今夏に加入した高額選手のランキングを掲載し、注目選手について見ていきます。

プレミア加入選手の高額移籍金ランキング

順位 選手名 移籍元 移籍先 金額
1 ケパ・アリサバラガ ビルバオ チェルシー 8,000万ユーロ
2 リヤド・マフレズ レスター・シティ マンチェスター・C 6,780万ユーロ
3 アリソン ローマ リヴァプール 6,500万ユーロ
4 ナビ・ケイタ RBライプツィヒ リヴァプール 6,000万ユーロ
5 フレッジ シャフタール・ドネツク マンチェスター・U 5,900万ユーロ
6 ジョルジーニョ ナポリ チェルシー 5,700万ユーロ
7 ファビーニョ モナコ リヴァプール 4,500万ユーロ
8 リチャーリソン ワトフォード エヴァートン 3,920万ユーロ
9 フェリペ・アンデルソン ラツィオ ウェストハム 3,800万ユーロ
10 ジェリー・ミナ バルセロナ エヴァートン 3,025万ユーロ
11 ルーカス・トレイラ サンプドリア アーセナル 3,000万ユーロ
ジャン・ミシェル・セリ ニース フラム 3,000万ユーロ
13 ジェフェルソン・レルマ レバンテ ボーンマス 2,800万ユーロ
14 イッサ・ディオプ トゥールーズ ウェストハム 2,500万ユーロ
ヤニク・ヴェステルゴーア ボルシアMG サウサンプトン 2,500万ユーロ
ベルント・レノ レバークーゼン アーセナル 2,500万ユーロ
ジェームズ・マディソン ノリッジ レスター・シティ 2,500万ユーロ
18 アンドレ=フランク・ザンボ マルセイユ フラム 2,485万ユーロ
19 ディオゴ・ダロト ポルト マンチェスター・U 2,200万ユーロ
リカルド・ペレイラ ポルト レスター・シティ 2,200万ユーロ

プレミアリーグで注目の新加入選手

ケパ・アリサバラガ (アスレティック・ビルバオ → チェルシー)

 

View this post on Instagram

 

Chelsea FCさん(@chelseafc)がシェアした投稿

スペインのアスレティック・ビルバオからチェルシーに加入した23歳のGKケパ・アリサバラガは、レアル・マドリードに移籍したGKクルトワの代役として獲得されました。

移籍金は8,000万ユーロ(約103億円)と、ゴールキーパーの史上最高額を更新。

足元の技術に優れるケパは、サッリ新監督の1タッチパスを主体にしたプレースタイルにもフィットするでしょう。

スペイン代表の一員としてロシアワールドカップにも招集されていましたし、世界トップのGKになれる素質を秘めています。

アリソン (ローマ → リヴァプール)

 

View this post on Instagram

 

Liverpool Football Clubさん(@liverpoolfc)がシェアした投稿

昨シーズンにチャンピオンズリーグ決勝まで躍進したリヴァプールは、不安要素だったゴールキーパーを補強。

ローマからブラジル代表のアリソンを6250万ユーロで獲得(出来高でさらに1000万ユーロの追加)、総額7,250万ユーロ(約95億円)の移籍金はGK史上最高額でしたが、直後に前述のケパに抜かれてしまいました・・・

さっそく出場となった開幕戦でも、落ち着きを持ち、常に冷静なゴールキーピングを披露。

アリソンの加入はリヴァプールの最終ラインにさらに安定感をもたらすでしょう。

ジャン・ミシェル・セリ (ニース → フラム)

 

View this post on Instagram

 

Fulham Football Clubさん(@fulhamfc)がシェアした投稿

チェルシーやアーセナルも獲得を狙っていると噂されたコートジボワール代表MFのセリが加入したのは昇格組のフラム。

セリはフィールドの中央でプレーし、積極的なプレスに加え、突破力もある選手なので、攻守両面で際立った活躍ができるでしょう。

ネクスト・ベイルと呼ばれ、昨シーズン16ゴール8アシストを記録したMFセセニョンとの共演が楽しみでもあります。

まとめ

今夏は例年よりも静かな移籍市場となりましたが、ゴールキーパーを中心に動きがありました。

高額移籍金の上位を見てみるとブラジル人選手が多いことに気づきます。(TOP10に5人も入っている)

プレミア初挑戦の選手も多いので、プレミアリーグにフィットするのか気になるところですね・・・

この中でシーズン終了後に『ハズレ』の烙印を押されてしまうのはどの選手なのでしょうか。動向に注目しましょう。

関連記事

  1. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第34節「トッテナムvsマンチェスター・シティ」解説

    4月15日に行われたプレミアリーグ第34節「トッテナム vs マンチェ…

  2. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第13節「リヴァプールvsチェルシー」解説

    11月26日に行われたプレミアリーグ第13節「リヴァプールvsチェルシ…

  3. プレミアリーグ

    プレミアリーグでダービーマッチ3連戦!勝敗予想をしてみた

    最も盛り上がるフットボールの試合といえば、ライバルクラブ同士の対決「ダ…

  4. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第12節「アーセナルvsトッテナム」解説

    11月18日に行われたプレミアリーグ第12節「アーセナルvsトッテナム…

  5. プレミアリーグ

    U-20W杯MVPの若き至宝ドミニク=ソランケ、リヴァプールでの成功なるか

    イングランドが誇る19歳のFWドミニク=ソランケは古巣チェルシ…

  6. 16-17シーズン総括

    2016-17シーズン総括「ワトフォードFC」編

    2015-16シーズンからプレミアリーグに昇格し、リーグを13…

PAGE TOP