ヨーロッパリーグ

アーセナル連勝なるか?エヴァートンは不調を抜け出せるか?ELの第2節振り返り

Diego Sideburns By flickr(CC BY-NC-ND 2.0)

UEFAヨーロッパリーグ2017-18に出場しているプレミアリーグのクラブは、昨季6位のアーセナルと昨季7位のエヴァートンです。

第1節では、アーセナルは2得点でケルンに勝利。一方、エヴァートンは3失点でアタランタにまさかの完敗。

果たして第2節でアーセナルは見事連勝を、エヴァートンはEL初勝利を飾ることができたのでしょうか?

今回の記事では、アーセナル、エヴァートンのヨーロッパリーグ第2節を振り返っていきます。

グループE『エヴァートン』

第2節終了時の順位表

勝ち点 得失点差
アタランタ 4 +3
リヨン 2 0
アポロン・リマソール 2 0
エヴァートン 1 -3

ヨーロッパリーグのグループEを戦うエヴァートンは、第2節こそ勝利を手にしたかったのですが、キプロスのアポロン・リマソール相手に2-2の引き分けに終わってしまいました。

3-0での完敗に続き、ホームのグディソン・パークでキプロスのクラブ相手にドロー。

エヴァートンのチーム状況は深刻なようです。

エヴァートンはラッキーな形で同点に

負けられない試合でロナルド・クーマン監督が選択した布陣は4-3-2-1。

怪我人が多い最終ラインですが、センターバックは若手の「メイソン・ホルゲート」と、今季はプレミアリーグでミスが目立つ「アシュリー・ウィリアムズ」が務めます。

前半12分、試合開始早々にエヴァートンは守備のミスから失点を許してしまいました。

アシュリー・ウィリアムズの中途半端なクリアをアポロンMFマグリカに拾われ、サイドからアーリークロスを上げられます。

しっかりとマークを見ている様子だったホルゲートでしたが、ボールウォッチャーになっている間にアポロンFWサルディネロに裏を取られ、ボレーでシュートを打たせてしまいます。

一度はセーブしたGKピックフォードでしたが、サルディネロはこぼれ球を押し込み、アウェイチームが先制点を奪いました。

そもそも、最初のアシュリー・ウィリアムズのクリアはもっとセーフティにすべきでしたし、容易にクロスを上げられすぎです。

ホルゲートも簡単に相手を見失ってしまっていましたし、エヴァートンの守備陣はどうしたのでしょうか・・・

しかし、失点から10分後、エヴァートンはラッキーな形で同点ゴールを手にします。

相手陣内でエヴァートンFW「サンドロ・ラミレス」が献身的な守備でアポロンDFユステにプレッシャーを与えます。

危うくボールを失いそうになったユステは、慌ててGKにバックパス。

しかし、このボールが逸れてエヴァートンFW「ウェイン・ルーニー」の元へ。

ルーニーはこのチャンスを逃さずワンタッチでゴールに転がし、エヴァートンが同点に追いつきます。

ラッキーな形で追いついたエヴァートンはMF「ギルフィ・シグルズソン」を中心に攻勢に出ますが、結局1-1のまま前半を折り返します。

スコアが動いたのは67分、中央でボールを受けたルーニーは左サイドにボールを展開しようとしますが、これが相手の足に当たってしまい、MFシグルズソンの方へ。

さすが昨季プレミア13アシストのシグルズソン、急に来たボールをワンタッチで前に転がし、FW「ニコラ・ブラシッチ」とGKが1対1になる状況を作り出します。

後半から途中交代で入った19歳のストライカー、ブラシッチは1対1でも驚くほど冷静で、右隅にボールを流し込みました。

Evertonさん(@everton)がシェアした投稿

エヴァートンがリードを奪う追加点は、感極まったサポーターがピッチに飛び出してくるほどの待望のゴールでした。

86分、エヴァートンDF「カルバート=ルーイン」の腰にキックを入れてしまったアポロンDFのロベルシュが一発退場。

エヴァートンは数的有利な状況になり、EL初勝利を手にするかと思えました。

試合終了まで残り5分。しかし、その5分をエヴァートンは守りきることができません。

88分、アポロンDFジョアン・ペドロが蹴ったFKを、DFユステが頭でコースを反らしそのままゴールへ。

アポロンは数的不利ながら土壇場で同点に追いつきます。

ユステは自身のミスからの失点を帳消しにするゴールで、チームのピンチを救いました。

結局、試合はそのまま終了。

数的有利な状況でしたがリードを守れず、格下相手にホームで引き分けと、負けたような雰囲気がエヴァートンには漂っています。

グループ最下位ですが、リヨンとアポロンに勝ち点1しか離されていないのが不幸中の幸いです。

次はホームでリヨンと対戦します、この試合に勝てなければエヴァートンのグループステージ突破は難しいでしょう。

ハイライト動画

グループH『アーセナル』

第2節終了時の順位表

勝ち点 得失点差
アーセナル 6 +4
レッドスター・ベオグラード 4 +1
BATEボリソフ 1 -2
ケルン 0 -3

ヨーロッパリーグのグループHを戦うアーセナルは、第2節でBATEボリソフとアウェイの地で対戦し、2-4で勝利。

ベラルーシ・プレミアリーグを11連覇しているBATEですが、アーセナルはこの難敵を4得点で一蹴しました。

アーセナルを率いるヴェンゲル監督はターンオーバーを採用し、サブの選手中心の布陣を採用。

ジャック・ウィルシャーは怪我さえなければ素晴らしい選手!

この試合の主役はMF「ジャック・ウィルシャー」とFW「セオ・ウォルコット」でしょう。

ウィルシャーは負障癖に悩まされ、昨季はボーンマスにレンタルされていましたが、やはりアーセナルにとっては重要な戦力だと改めて感じました。

前半9分、中央でボールを受けたウィルシャーは、FWオリヴィエ・ジルーとのワンツーでペナルティボックス内に侵入。

触るだけで点が入る優しいクロスを出し、それに合わせたのがウォルコット。

アーセナルらしい見事な崩しからの先制点でした。

その後もウォルコットとウィルシャーのコンビはBATEボリソフのゴールを脅かします。

22分、BATEのGKシェルビツキは、目測を誤ったのかアーセナルFWのウォルコットにパスを出してしまいます。

ウォルコットはこれを冷静に決め、アーセナルが2-0とリードを広げます。

さらに追加点はわずか3分後の前半25分。

アーセナルはコーナーキックからDFメルテザッカーがボールの軌道を変えると、足を伸ばしたのはDF「ロブ・ホールディング」。

ホールディングがアーセナル入団後初ゴールを決め、3-0と試合を決定づけます。

アーセナルが3点目を奪った直後、ホームのBATEが反撃に出ます。

右サイドを崩したBATEは、DFアレクセイ・リオスが上げたクロスにMFイヴァニッチがヘディングで合わせ、点差を2点に縮めます。

イヴァニッチにはアーセナルMFモハメド・エルネニーがマークに付いていたのですが、上手く裏に回り込まれてしまいました。

大量のゴールが生まれた前半は3-1でアーセナルのリードで折り返します。

リードを広げて安心したいアーセナルは、後半開始早々に4点目を奪いました。

49分、コーナーキックの混戦からアーセナルDFシュコドラン・ムスタフィがユニフォームを引っ張られたうえ、足を踏みつけられたらしく、アーセナルにPKが与えられます。

このPKを蹴るのは、決めればハットトリック達成のウォルコット・・・ではなく、決めればアーセナル通算100得点目となるオリヴィエ・ジルーです。

ジルーは冷静にPKを沈め、アーセナルでの通算100得点を達成しました。

その後BATEに1点を返されましたが、終わってみればアーセナルは4得点での勝利。

ELで2連勝を手にし、サブ中心のチームでもヨーロッパリーグを戦えるという証明ができましたね。

ハイライト動画

まとめ

アーセナルが4得点で連勝を飾ったのは素晴らしいですが、アーセナルサポーター、そしてプレミアリーグのファンにとって最も嬉しいのがMFジャック・ウィルシャーの復活でしょう。

ウィルシャーが16歳という若さでアーセナルのトップチームに昇格、クラブ史上最年少でプレミアデビューを果たしてから9年が経ちました。

その後は度重なる怪我に悩まされましたが、未だ25歳という若さです。

大きな怪我さえしなければアーセナルの主力として間違いなく活躍できるでしょう。

余談になりますが、試合後のインタビューで、ジルーにPKを譲ったウォルコットはこう語っています。

「僕には、ハットトリックを決めるチャンスがあった。でも、僕はジルーが通算99ゴールだということを知っていた。」

「だから、彼が蹴るべきだと思ったんだよ。アーセナルのために100点決めてきたというのは、彼のキャリアにおいてすごい瞬間だと思う。僕はそれを達成しているからその気持ちが分かるよ。それは素晴らしいものだから彼にPKを譲ったんだよ。」

「僕にもチャンスがあったが、そんな自分勝手なことはできないよ」

なんとも粋です。そしてジルーがチームメイトからどれだけ尊敬を集めているかわかりますね。

一方で心配なのがエヴァートン。

前述しましたが、次節のリヨン戦で負けるようなことになれば、グループステージの突破は難しくなります。

グループステージでの敗退が決まれば、クーマン監督が更迭される可能性もあります。

次のホームゲームはなんとしても勝利を手にしなければなりません。

アーセナルとエヴァートンの両クラブはヨーロッパリーグの第3節で、どんな戦いをしてくれるのでしょうか。

引き続き応援していきましょう!

関連記事

  1. ヨーロッパリーグ

    アーセナルがグループステージ突破!ELの第4節振り返り

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18に出場しているプレミアリーグのク…

  2. ヨーロッパリーグ

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18|ラウンド16の組み合わせまとめ

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18には、アーセナルとエヴァートンの…

  3. ヨーロッパリーグ

    アーセナルがグループステージ首位通過!ELの第5節振り返り

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18に出場しているプレミアリーグのク…

  4. ヨーロッパリーグ

    2017-18ヨーロッパリーグ準々決勝でアーセナルはCSKAモスクワと激突!

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18には、アーセナルとエヴァートンの…

  5. ヨーロッパリーグ

    UEFAヨーロッパリーグのデータ総まとめ・大会方式の解説

    名門から中堅国の実力派クラブまで、来季のチャンピオンズリーグ出場権を懸…

  6. ヨーロッパリーグ

    エヴァートンがグループステージ敗退の危機!ELの第3節振り返り

    UEFAヨーロッパリーグ2017-18に出場しているプレミアリ…

PAGE TOP