16-17シーズン総括

2016-17シーズン総括「スウォンジー・シティ」編

2015-16シーズンは1月に監督を交代することでチームを軌道修正し、残留に成功した「スウォンジー・シティAFC」

2016-17シーズンは、残留争いに巻き込まれるなくシーズンを終えることができたのでしょうか?

今回の記事ではスウォンジー・シティAFCの2016-17シーズンを振り返っていきます。

スウォンジー・シティのシーズン成績(2016-17)

・プレミアリーグ/ 15位
・FAカップ/ 3回戦敗退
・EFLカップ/ 3回戦敗退

年明けまでは降格圏に沈み、2度も監督を解任するなど、低迷していたスウォンジー・シティ。

1月後半に3人目の監督「ポール・クレメント」が就任してからは、チーム状態が改善し、最終的には15位でフィニッシュ。

プレミアリーグでワースト2位の70失点でも、なんとか残留できたのはとてもラッキーだったといえるでしょう。

2016-17シーズンの基本フォーメーション

システム1 : 4-3-3

2016-17シーズン、スウォンジー・シティは2度の監督交代をしました。

まず、開幕から1勝1分5敗という成績の「フランチェスコ・グイドリン」監督をわずか2ヶ月で解任。

後任の「ボブ・ブラッドリー」監督も、7節~20節の間でわずか3勝しか挙げることができず、年明け早々に解任されることに。

この時点での順位は19位と、降格間違いなしだと思われましたが、今シーズン3人目の監督「ポール・クレメント」がチームの問題点であった守備を大きく改善し、残留へと導きました。

システム2 : 4-2-3-1

何度も監督交代をし、選手たちは混乱してしまったに違いありません。

その様なチーム状況の中でも、スペイン代表FW「フェルナンド・ジョレンテ」やアイスランド代表MF「ギルフィ・シグルズソン」はシーズンを通して活躍できていました。

ジョレンテは得点ランキングでトップ10に入る15得点を挙げています。

195cm・90kgの強靭なフィジカルを活かしたプレーで、15得点のうち8得点はヘディングからのゴールと、空中戦では圧倒的な強さを見せつけました。

また、シグルズソンはシーズン9得点13アシストと、アシストランキングでは3位にランクインしています。

フリーキックの名手としても知られるシグルズソンは、巧みなボールタッチとコントロールで、残留への立役者となりました。

課題 : 守備の強化 & 監督の固定

シーズン70失点はあまりにも多い数字で、攻撃陣が奮闘していなかったら間違いなく降格していたでしょう。

3部から加入した23歳のDF「アルフィー・モーソン」が中央を固めてから守備の安定性が増しましたが、下部リーグから加入したばかりの選手にセンターバックのスタメンを任せなければならないチーム状況はとても不安です。

安定したパフォーマンスを発揮できるセンターバックを何人か獲得したいですね。

また、個人的な考えなのですが、監督を頻繁に代えるのは選手が混乱してしまうため、なるべく避けたほうが良いと思います。

戦績が悪いと更迭したくなる気持ちも分かるのですが、選手が戦術変更に苦しむのは間違いありません。

クレメント監督には、ぜひ長期政権を築いてほしいですね。

2017-18シーズン展望

スウォンジー・シティは今夏、チェルシーから19歳のFW「タミー・アブラハム」をレンタルで獲得しました。

さらに、スペインのラス・パルマスからMF「ロケ・メサ」を獲得するなど、攻撃陣を中心に補強を進めています。

一方、守備の選手ではヘーレンフェーンからGK「エルヴィン・ムルダー」を1人加えたのみなので、守備の補強には積極的に動いていないように思えます。

もしかすると補強はせずに、既存の選手に戦術を浸透させて新シーズンを迎えるのかもしれませんね。

カルロ・アンチェロッティ(現バイエルン・ミュンヘン監督)の元でアシスタントとして経験を積んだ「ポール・クレメント」監督。

2017-18シーズン、クレメント監督はどのようなフットボールを展開するのでしょうか。

スウォンジー・シティの新シーズンに期待しましょう。

関連記事

  1. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第32節「チェルシーvsトッテナム」解説

    4月2日に行われたプレミアリーグ第32節「チェルシー vs トッテナム…

  2. 16-17シーズン総括

    2016-17シーズン総括「チェルシー」編

    2014-15シーズンはプレミアリーグを制覇したものの、翌2015-1…

  3. 16-17シーズン総括

    2016-17シーズン総括「ハル・シティ」編

    2008年以降、3度もプレミアリーグと2部チャンピオンシップを行き来し…

  4. プレミアリーグ

    弱冠18歳「トッテナムのメッシ」は本物か?

    「トッテナムのメッシ」ことマーカス=エドワーズ。〇〇の…

  5. 17-18シーズン公式戦-解説

    2017-18プレミアリーグ第27節「トッテナムvsアーセナル」解説

    2月10日に行われたプレミアリーグ第27節「トッテナム vs …

  6. 16-17シーズン総括

    2016-17シーズン総括「バーンリー」編

    2015-16シーズンは2部チャンピオンシップで1位になり、プレミア昇…

PAGE TOP